hsbox 特徴と機能

■特徴

 事前にインストール作業をすることなく、パソコンを起動し、提供機能を利用することができます。利用するパソコンは最新のもののほうが高速に動作することができますが、使用する機能を限定しており、少し古いパソコンを活用することができます。
 操作はWeb経由で行います。利用するパソコンを直接触る必要はありません。

■機能

●スマートサービス連携

IFTTTなどのWebサービスはクラウド上でのスマートサービス連携を実現しています。クラウド連携に対応した最近の製品に利用が限定されています。hsboxは、家庭内LAN上の機器を連携して利用する基盤を提供します。
 デフォルトでは簡単なメニュー機能(テレビやGoogle Nestの画面にメニューを表示)などを提供しています。設定によりプッシュ通知をスマートスピーカーに配信したり、任意の静止画や動画を再生できます。
    スマートサービス連携の仕様について

●ホットスポット

インターネットに接続するネットワークデバイスに加えて、WiFiデバイスがあれば、WiFiルータとして利用することができます。 
 SSIDとパスワードを指定して、ホットスポットを起動します。 

 スマートフォンやノートパソコン、タブレットなどに、SSID、パスワードを入力して接続し、使用してください。

●データレスキュー

OS起動ができなくなり、作成したファイルを読みだせなくなったときに、データーを救出することができます。
 Windows OSのOS部分が壊れてしまったが、ファイルシステム自体は健在である場合が対象です。hsboxを起動し、ファイルを取り出したいドライブをマウントして任意のファイルを取り出します。

●オプション

任意の機能を追加することができます。新規作成することも、既存のアプリケーションを移植することも可能です。

機能の詳細